iPhoneのホームボタンが押しにくい!そんなときの対処法

iPhoneのボタンが反応しにくくなった。どんな対処をすればよいのか? - iPhoneのホームボタンが反応しにくくなってしまった時の対処法について

iPhoneのホームボタンが反応しにくくなってしまった時の対処法について

なたはスマートフォンをお持ちですか。
もしあなたがスマートフォンの中でもiPhoneを使っているのであれば、誰でも経験したことがあると思いますが、ホームボタンへ戻るボタンが押しにくくなってしまったなんてことありませんか。
今回はその、iPhoneのボタンの押しにくい場合の処置についてご紹介します。

ごみがたまっている

ホームボタンの部分は一番タッチの多い部分といえます。
dtyjtd
そのため、多く接触した分だけ汚れてしまいます。
そこで手の垢やカスが隙間に入ってしまい、ボタンへの接触を妨げてしまっている場合があります。
多くの場合はこのパターンがほとんどで、大体の場合はiPhoneを逆さまにしてボタンを少しつっつくとカスが落ちてきて解消できたりするため、この場合はiphone修理に出すほどでもありません。

反応する基盤が壊れてしまっている

まれにボタンの部分を強く押しすぎてしまった場合や、水分が入ってしまった場合には、中のボタンがつぶれてしまっていたり、錆びてしまっている場合があり、ボタンが使えないということもあるようです。
この場合には自分の力ではどうにもできないため、プロのiPhone修理に依頼をするか、appleのカスタマーセンターへ連絡をし、なんとかしてもらいましょう。
いずれにしても、iPhoneは使えば使うほど消耗していくものであるので、使い方をに気をつけたり、極力ホームボタンを使わないように工夫することも必要かもしれませんね。
ボタンを直すだけであれば比較的安価に直してもらうことができるため、ボタンが外れて無くなってしまったなんて、格好悪い状態になる前に、iPhoneの修理をすることをお勧めします。
長い間iPhoneを使っていると、ハード面での劣化を感じてくることってありますよね。
例えば、携帯の四隅がかけてきたり、画面にヒビが入ってしまったり、画面の反応や、ボタンの反応が悪くなってしまったなんてことが増えてくると思います。
そこで今回は一番よく触る場所かもしれないと言われている、ホームボタンについての劣化について紹介していきます。

ホームボタンは一番触る場所なため、劣化が一番早い

一体ホームボタンはどのように劣化していくのでしょうか。
実際にiPhoneを使っている人はわかると思いますが、iPhoneのホームボタンは多くのスマートフォンのようなタッチ式ではなく、実際にボタンが設置されているプッシュ型のボタンになります。
iopkyf
そのため、ボタンがずれてしまったという劣化や、ボタンが押しにくくなってしまったという例がとても多くあります。
これらはまだ良い方で、ひどい場合ではボタンがなくなってしまった、一切反応しなくなり、ボタンとして機能しなくなってしまったなんてこともあるため、注意が必要です。

タッチ式のホームボタンを利用する

それではどうすればこの劣化を防ぐことができるのでしょうか。
iPhoneでは、プッシュ式のホームボタン以外にも設定でタッチ式のホームボタンを使うことが可能となっています。
そのため、それらを使えばホームボタンの劣化を防ぐことができます。
実際にホームボタンが使えなくなることの不便さはとても大きく、大体の人は耐え切れず、変更してしまったり、iPhone修理をして直すようです。
あなたがもしiPhoneユーザーなら、iPhone修理をする前に、事前に壊れてしまうの防ぐ努力をしましょう。